糖尿病とは 知っておきたい 糖尿病と痛み

HOME > 糖尿病とは 

糖尿病ってどんな病気?

人間のからだは,動くためのエネルギー源として,食物や飲み物を消化してブドウ糖に変え,血液に乗せてからだ中の細胞に届けています。血液中にそのブドウ糖がどのくらいあるかを示すのが血糖値です。

糖尿病は,この血糖が多くなりすぎた状態をいいます。その原因は血糖を調整するホルモン「インスリン」の不具合です。インスリンの分泌が足りなくなったり働きが弱くなったりして血糖の調整ができなくなると,血糖値が高くなりすぎた状態が続き,糖尿病と診断されます。

糖尿病には「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の2種類があります。「1型糖尿病」は,膵臓の細胞が自己免疫異常によってインスリンを産生できなくなる病気です。

「2型糖尿病」は,過食や運動不足,肥満,ストレスなどが誘因となってインスリンの産生が少なくなったり,効き目が低下する病気です。日本には,2007年時点で約2210万人の糖尿病患者さん,またはその予備群がいると推計されています(※1)。患者さんの約9割が2型糖尿病です。

※1 厚生労働省:国民健康・栄養調査結果の概要,「糖尿病が強く疑われる人」「糖尿病の可能性が否定できない人」の推計,2007

糖尿病患者さん 全国約2210万人

 

怖い糖尿病の合併症

糖尿病で怖いのは合併症です。高血糖が長く続くと,全身の血管が障害されて,冠動脈硬化・狭窄,脳動脈硬化・狭窄などの大血管障害や,腎障害,網膜症や神経障害につながる細小血管障害を引き起こすのです。これらには自覚症状がほとんどなく,気づかないうちに進行してしまうので注意が必要です。

糖尿病の治療は,この合併症を防ぐために行います。血管障害が進行して,心筋梗塞や脳梗塞,透析,失明,足切断という深刻な事態になるのを防ぐためには,糖尿病をできるだけ早く診断して,血糖の値を正常化し,合併症に対して適切な治療を行っていくことが必要なのです。

怖い糖尿病の合併症