疼痛とは(急性疼痛,慢性疼痛) 知っておきたい 糖尿病と痛み

HOME > 疼痛とは 

一言では言い表せない疼痛・不快感の症状

疼痛を表す言葉は100種類以上あるといわれ,ジンジン,ピリピリ,チクチク,ヒリヒリ,ズキズキといったいわゆる「痛み」のほか,しびれの程度の強いもの,焼けるような感覚,突っ張り,痛みを伴う冷え,だるい感覚など,本人にとって不快な場合には疼痛として捉えられます。

疼痛を表す言葉

 

「急性疼痛」と「慢性疼痛」

疼痛は,ケガややけど,突然の病気などによって起こる「急性疼痛」と,原因の治療を行っても何ヵ月も痛みが続いたり再発したりする「慢性疼痛」の2つに大別されます。

「急性疼痛」はからだを守る反応の1つで,重要な役割を持っています。脳が「痛い」と認識することによって,病気やケガで傷ついた部分を一時的に安静にさせ,修復を促したり,免疫反応を呼び起こすという働きをするのです。

一方の「慢性疼痛」は,痛みの原因が治っても痛み続ける,あるいは原因が治りにくいために痛み続ける状態です。痛みには大きな働きはなく,むしろ痛みの存在自体が病気となって,日常生活にも支障が出るようになります。糖尿病性の痛みもこの1つです。

「急性疼痛」と「慢性疼痛」

 

苦痛をもたらす慢性疼痛

慢性疼痛は大きく3つに分類されます。1つめは,炎症や関節の変形,軟骨の変性によって生じる痛みです(「侵害受容性疼痛」といいます)。多発性の関節リウマチ痛がこのタイプの代表格です。

2つめは,中枢神経や末梢神経が損傷することによって起こる痛みです(「神経障害性疼痛」といいます)。糖尿病性神経障害に伴う疼痛はここに分類されます。

3つめは,感情やストレスなどによって起こる「心因性疼痛」です。

3つのタイプが重複してあらわれることもしばしばあります。

分類が何であれ,長年にわたる無用な痛みは患者さんの気力や体力を奪い,日常生活に大きなダメージを与えます。痛みのため仕事ができなくなったり,歩けなかったり,眠れなかったりと,患者さん本人だけでなく,その家族の人生にも多大な影響を与えるのです。

慢性疼痛の3つの分類